So-net無料ブログ作成

フォルクスワーゲンが行った不正の内容。制裁金の金額は!? [ニュース]

ドイツの自動車会社、フォルクスワーゲンの不正問題が世間を大きく騒がせていますね。
なんでも多額の制裁金が課されるかも…と話題になっています。

実績も信頼もあった世界的な超大企業が、一体何をしたのでしょうか。

フォルクスワーゲンが行った不正は、アメリカの排ガス規制を逃れようと工作したことでした。

アメリカの排ガス規制は、世界でも特に厳しいもので、窒素酸化物の規制値については、
日本よりも二倍も厳しいものだそうです。

この規制を抜けるため、フォルクスワーゲンは
検査の時だけ排気ガスの調整を行う機能がフルで稼働し
通常時には機能が抑えられるよう、
自動車に搭載されるソフトウェアに細工をしていました。

通常時も排気ガスの調整を行っていると、走行機能の方に制限が出てしまうからなのでしょう。

明らかに意図的で、かなり悪質ですよね。

フォルクスワーゲンは不正を認めて、現在は調査にも協力しているようなので、
発覚後の対応はさすがに真摯に行っているようですが…。

そして、この不正に対するペナルティなのですが、
対象の自動車1台につき、3万7500ドルもの制裁金が課される可能性があるそうです。

対象の車は全部で48万2000台もあるそうなので、
3万7500×48万2000180億7500万ドル…

その制裁金、日本円で2兆1690億円!(1ドル120円で計算しました)

この額が本当に請求されたら、大概の企業は消し飛んでしまいます。
フォルクスワーゲンクラスになれば、潰れるところまではいかないでしょうが…

せっかく、いままで積み上げてきたフォルクスワーゲンの信頼が台無しですよね。
でも、こんな制裁金が課される可能性があるにもかかわらず、
言い訳せずに不正を認めたフォルクスワーゲンは、さすがのプライドということなのでしょうか。



スポンサードリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。