So-net無料ブログ作成

引退する西口…ノーヒットノーラン未遂事件をプレイバック [プロ野球]

9月28日、今季限りで引退する埼玉西武ライオンズの西口文也投手が、
最後のマウンドに上がりました。

5回表に打者・井口の場面で登板し、微妙な判定のフォアボールを出して、
現役生活にピリオドを打ちました。

西口は東尾監督時代から、ライオンズのエースとして活躍してきました。

その存在感は絶対的で、松坂大輔投手が入団し、圧倒的な成績を残しても、
ライオンズのエースは西口、と言われ続けるほどでした。

そんな西口を語る上で欠かせないのが、3度にもわたるノーヒットノーラン未遂事件です。

そのシーンを振り返ってみたいと思います。


■2002年8月26日 対千葉ロッテマリーンズ(西武ドーム)

西口は初回から1人のランナーも出さず、7回を迎えます。

この回ツーアウトを取った後、ロッテの3番打者・福浦和也フォアボールを与えて初めてのランナーを許します。

しかし、続く打者は抑え、迎えた9回表ツーアウト

バッターボックスには1番打者の小坂誠

ツーボールノーストライクから投げたこの日102球目は、右中間に弾き返されるヒットとなってしまいました。

当時、9回2死からノーヒットノーランを逃したのはパ・リーグ史上8度目、18年ぶりのことでした。


■2005年5月13日 対読売ジャイアンツ(インボイスSEIBUドーム)

この日も西口は、2回表に清原和博に与えたデッドボールで1人のランナーを許したほかは完璧に抑え、
3年前に逃した大記録を掴むべく、ノーヒットのまま9回ツーアウトを迎えます。

しかし、迎えた1番・清水隆行に投げたスライダーは、見事に捉えられライトスタンドへ飛び込むホームラン…。

またも9回2死から、あと一人のところでノーヒットノーランを逃してしまったのでした。


■2005年8月27日 対東北楽天ゴールデンイーグルス(インボイスSEIBUドーム)

ノーヒットノーランを直前で逃す悲劇を2度も味わった3ヶ月後、西口にまたもチャンスが訪れます。

今度はただ一人のランナーも出さず、完全試合の状態で9回ツーアウトを迎えます。

そして、9番打者・藤井彰人をショートゴロに打ち取り、スリーアウト!

これで完全試合達成!…とはなりませんでした。

残念ながら味方の援護が無く、西武も9回を終わって無得点。

試合は延長戦に入ってしまいました。

そして10回表、先頭打者の沖原佳典にヒットを打たれ、完全試合は消滅
あろうことか三度大記録を逃すこととなってしまいました。



…と、大記録を目前で3度も逃す不運を経験した西口ですが、
どの試合も、初安打を打たれた後も崩れること無く、全て最後まで投げ切って勝利を収めています。
この辺りは、さすがエースです。

いつも飄々とした西口投手、大記録の逃した瞬間も大きく落胆せず、苦笑いを浮かべるのみです。

あのあっけらかんとした表情が、悲劇も笑い話として語り継がせているのかもしれません。


引退会見での話では、やっぱり心残りがあったようでしたけれどね。



スポンサードリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。