So-net無料ブログ作成
検索選択

日本が11度目の非常任理事国に選出。その選挙方法は? [ニュース]

日本が通算11回目の非常任理事国に選出されました。

国連安全保障理事会の非常任理事国は全部で10ヶ国あり、任期は2年。

毎年半数の5ヶ国が入れ替わっていきます。

日本は今回の選挙で選出されたことにより、2016年1月1日から2017年12月31日まで

非常任理事国を務めることになりました。


非常任理事国は、国連総会で開催される国連加盟国による選挙で選出されます。

投票は無記名で、3分の2以上の得票で非常任理事国に選出されることになっています。

もし、どの国もこの条件を満たさなかった場合は、いずれかの国が条件を満たすまで何度でも投票が繰り返されます

非常任理事国は、アジアオセアニア含む)から2ヶ国、アフリカから2ヶ国、中南米から2ヶ国、西ヨーロッパその他から2ヶ国、東ヨーロッパから1ヶ国と、

アジア、アフリカから交互に選ばれる1ヶ国の、計10ヶ国で構成されるよう決められ、地域に偏りが出ないようになされています。

また、2期続けての就任は認められておらず、任期を満了したら次の期は必ず退任することになります。

現在のように非常任理事国が10ヶ国で構成されるようになったのは1966年からで、それ以前は6ヶ国で構成されていました。



今回の選挙では、バングラデシュが日本と同じアジア枠から立候補していましたが、結局辞退を表明したため、対抗国がなく日本の当選は事実上確実となっていました。



スポンサードリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。