So-net無料ブログ作成
検索選択

炭谷銀仁朗の実家は畳屋さん!あの漫画のキャラクターが重なる… [プロ野球]

プロ野球、埼玉西武ライオンズのキャッチャー、炭谷銀仁朗選手。

今年国内FA権を取得して、このオフの動向が注目されています。

その炭谷選手のご実家は、畳屋さんなのだそうです。

西武の選手で、キャッチャーで、実家が畳屋さん

誰かと印象が重なりますよ。

そう、野球漫画の大家水島新司先生の代表作、

「ドカベン」の主人公、山田太郎選手です!

スポンサードリンク








炭谷と山田


ドカベンこと山田太郎は、実家(両親を早くに亡くしているので、おじいちゃんの家ですが)が畳屋さん。

ポジションはもちろんキャッチャーで、高校を卒業してドラフト1位西武ライオンズに入団します。

そして、炭谷も西武への入団はドラフト1位

山田太郎が入団した当時、西武にはレギュラー捕手の伊東勤がいたため、開幕戦はベンチスタートでしたが、

炭谷が入団したときには、その伊東西武の監督。伊東に認められ開幕をスタメンで出場しました。

妙にを感じてしまいますね。

二人とも強肩という点も似ています。

三冠王も獲得した強打者の山田に対して、炭谷はちょっとバッティングが苦手ですが…(2015年は打率.211)

実家の畳屋さん


そして、その炭谷の実家の畳屋さんですが、社名は『有限会社 炭谷』

京都にお店を構えていて、ホームページもありました。
http://www.sumitanitatami.com/

トップページの左上の写真が、炭谷のお父さんですかね?

プロ野球選手のお父さんだけあって、頑丈そうな風貌です。

今年の7月にはい草で作った炭谷銀仁朗応援グッズを制作、西武ライオンズの公式商品になっています。

山田太郎の実家の畳屋さんは貧乏でしたが、どうやら炭谷家の方はなかなか商売上手みたいですね。

今オフの動向


さて今オフの動向が気になる炭谷ですが、現時点では西武残留の可能性が高いようです。

しかし、もしFA宣言をすれば、各球団による争奪戦が予想されます。

今はどの球団も捕手不足ですからね。

宣言した場合は、交渉で実家の畳屋さんとのタイアップを条件にだせば、炭谷の心も傾くかも!?



スポンサードリンク




タグ:炭谷銀仁朗
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。