So-net無料ブログ作成
検索選択

キタサンブラックの馬主、大野商事って?北島三郎さんとの関係は? [競馬]

10月25日、第76回菊花賞北島三郎さんが所有する競走馬、

「キタサンブラック」が制して話題になっています。

kitajima_saburo.jpg

ところが、この「キタサンブラック」のオーナーは、

実質的には北島三郎さんではあるものの、名義上は「有限会社 大野商事」であるそうです。

大野商事北島三郎さんの関係は何なのでしょうか?


スポンサードリンク









大野商事=北島音楽事務所


有限会社大野商事は、本社を東京都中野区に置く、サービス業を扱う有限会社。

こう言うとよくわからなくなってしまいますが、一般的には、

「北島音楽事務所」の名前で通っているようです。

これなら見当がつきますよね。

北島三郎さん(の親族)が運営する芸能事務所のことでした。

会社法人としては、「大野商事」で登録されているようです。

ちなみに、北島三郎さんの本名「大野穣(おおの・みのる)」というので、

ここから法人名はつけられているようです。


現在は独立をしていますが、かつては山本譲二さんや、小金沢昇司さんなどが所属していて、

メンバーはその結束力の堅さから「北島ファミリー」と呼ばれたりしています。


馬主としての大野商事


そして、この大野商事は、芸能事務所としての業務だけでなく、

競走馬の馬主としての側面も持っているのです。

北島三郎さんが所有する馬は、名義上は馬主をこの大野商事としています

大野商事が所有する競走馬の特徴は、すべてその名前に「キタサン」が付くこと。

北島三郎、略して「北三(キタサン)」ということですね。


大野商事が所有してきた競走馬は100頭を優に超えていますが、

GIを制覇したのは、今回の「キタサンブラック」が初めてとなりました。




北島さんは悲願達成で、喜びのあまり表彰後に自身の「まつり」を熱唱してしまいました。

長年競馬に注いできた愛情が実を結び、感慨も一入だったでしょうね。

北島さんの笑顔が本当に嬉しそうです。おめでとうございます!



スポンサードリンク




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。