So-net無料ブログ作成
検索選択

宮原知子の傍らに座るコーチがイケメンで気になる! [フィギュアスケート]

NHK杯で宮原知子が、浅田真央を抑えて初優勝しました!

17歳の宮原知子と25歳になる浅田真央の世代交代か?という声もでているようですね。

その宮原知子を支えているのが、田村岳斗コーチ

イケメンコーチとして評判です!
yamato_tamura.jpg
http://matome.naver.jp/odai/2143522601684556401/2143528460324085103より)

そんな田村コーチについて、調べてみました。

スポンサードリンク








田村コーチの経歴


田村岳斗(たむら・やまと)

1979年5月28日生まれ

青森県八戸市出身

田村コーチがスケートを始めたのは5歳のときだそうです。

高校は仙台東北高校に進学し、本田武史荒川静香らも育てた

長久保裕コーチの教えを受けるようになります。

高校2年生の1996-97年のシーズンに、

19歳以下の選手で行われる全日本Jr.選手権の男子シングル優勝

高校3年生となった1997-98年シーズンには、

全日本選手権の男子シングルで初優勝を飾ります。

そして、1998年2月に行われた長野オリンピックにも出場しました。

大学は日本大学を卒業し、2003-04年シーズンに全日本選手権で2度目の優勝

そして2004年の世界選手権出場を最後にアマチュアを引退しました。

その後は、プロスケーター、指導者として活動を続けています。

その他の実績としては、公式戦で日本人初の4回転-3回転、4回転-3回転-2回転の

コンビネーションジャンプを成功させています。



毅然と物申せるイケメン!


現在は宮原知子のコーチを務めている田村コーチですが、

そのイケメンぶりの裏には、かなり熱いハートを秘めているようです!

2013年に宮原が出場したジュニア選手権で、採点のジャッジに疑問を感じると、

自身のブログでそのジャッジについて、長文ではっきりと異議を唱えています。

当時、同様にジャッジに疑問を感じる方が少なからずいて、

その中で声を挙げた田村コーチには、たくさんの賛同の声が寄せられたようです。

もちろん、判定に対して不服を申し立てるのは本来タブーでしょうから、

きつい批判もあったようですが、声を挙げた時点でそのような事態が起きるのは想像できること。

反論の矢面に立つことになることを恐れずに、意見を物申せる辺り、

ルックスだけでなく心意気もイケメンのようですね!



スポンサードリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。