So-net無料ブログ作成
検索選択

新開発されたダイヤモンドより硬い物質、Qカーボンって? [科学]

地球上で最も硬い物質といえば、ダイヤモンドであることはよく知られています。
diamond.jpg

しかし、このダイヤモンドを上回る硬さを持つ物質が開発されたそうです。

その名は「Qカーボン

一体、どんな物質なのでしょうか?



スポンサードリンク








何で出来ている?


Qカーボンを開発したのは、アメリカのノースカロライナ州立大学の研究チームです。

今まで最も硬いとされてきたダイヤモンドは、炭素原子だけからできています。

また、鉛筆の芯に使われている黒鉛も、炭素原子だけからできています。

つまり、ダイヤモンドと鉛筆の芯は、どちらも同じものからできているんです。

でも、ダイヤモンドと鉛筆の芯は、見た目も硬さもまるで違いますよね。

この違いは、炭素原子の並び方の違いによって起きています。

そして、Qカーボンも、ダイヤモンドや黒鉛と同じように、炭素原子だけでできているんです。

もう分かるかと思いますが、Qカーボンも炭素原子の並び方がダイヤモンドや黒鉛とは違うんですね。

研究チームは、炭素原子に瞬間的にレーザーを当てて一気に3700度まで加熱し、

その後急速に冷やすという方法で、Qカーボンの生成に成功したそうです。



自然には存在しないの?


Qカーボンは、今までに発掘によって発見されたことはありません。

研究チームは、過去から現在に至るまで、地球上にQカーボンが存在したことは無かったとみています。

そして、もし自然界に存在するとしたら、どこかの惑星の中心核しかあり得ないと考えられています。

ちなみに、地球の中心核は主に鉄でできていると考えられていますが、

その深さは何と2900キロメートル

運良くQカーボンが存在する惑星を見つけることができたとしても、

掘り起こすのはとても無理そうですね。



硬いだけではないのだよ


Qカーボンは硬いだけの物質ではありません。

ダイヤモンドは硬さもそうですが、その美しさに価値があります。

Qカーボンも、光を当てるとダイヤモンドより一層強い輝きを見せるそうです。

将来的には、宝石店にQカーボンが並ぶ日も来るのでしょうか・・・?

ダイヤモンドは希少だからこそ価値がある、という面があります。

人工的に作られるQカーボンは、意外にお手頃な値段で手に入る宝石になるかもしれませんよ!

また、磁気を帯びることができる特性があり、多方面で応用されることも期待されています。



ちなみに、どんなに鋭利な刃物でも傷つくことの無いダイヤモンドですが、

実は金槌で叩くと簡単に割れてしまうんですよね。

硬さと脆さは別物なのだそうです。

Qカーボンはどうなんでしょうか?




スポンサードリンク




タグ:Qカーボン
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。