So-net無料ブログ作成
検索選択

山手線の新型車両が初日にトラブル発生!メーカーはどこ? [ニュース]

11月30日から山手線に導入される予定だった新型車両
yamanotesen_newtrain.jpg
(Wikipediaより)

出発セレモニーでいきなりトラブルが発生してしまいました。

結局、現在もトラブル調査が続いていて運転は行われていません。

鉄道ファンの方などは、がっかりしているのではないでしょうか。

やっぱり、不満の矛先はメーカーに向いてしまいそうですが、

今回の新型車両のメーカーってどこなのでしょうか?

スポンサードリンク








新型車両を作ったのは、JR東日本の子会社


山手線に導入予定だった新型車両の名称は、「E235系」

製造メーカーは「総合車両製作所」というところだそうです。

何だか堅そうな名前の会社ですが、JR東日本の完全子会社ということでした。

今回問題となっている新型車両を製作したのは、

総合車両製作所の「新津事業所」という製造工場でした。

山手線への新型車両の導入は13年ぶりだったそうなのですが、

残念ながら華やかなデビューというわけにはいきませんでしたね。

しかし、営業開始の初日にトラブル発生とは、メーカーの方々は肝を冷やしたのではないでしょうか。


でも、トラブルの原因となったシステムを作ったのは…


総合車両製作所にとっては、面目が潰れるような事態になってしまいましたが、

今回のトラブルに関しては、総合車両製作所のほかにも肝を冷やした企業があったようです。

新型車両のトラブルの原因は、車両そのものというわけではなく、

車両を制御するためのシステムに原因があったとされています。

そして、このシステムはJR東日本三菱電機で共同開発したものでした。

まとめると、新型車両の車体を作ったのは、総合車両製作所

でも、トラブルの原因になったのは、JR東日本三菱電機が作ったシステム

本当に肝を潰しているのは、後者の方かもしれません。


人的被害は無かったのが、不幸中の幸い


技術の発展が進み、色々なサービスが可能になってきていますが、

その分それらをコントロールするシステムは複雑になってきているのでしょう。

今回のようなトラブルも、いずれは起きるようなものだったのかもしれません。

でも、人に危害が及ぶような事態にはならなかったので、

そこは救われるところですね。




スポンサードリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。