So-net無料ブログ作成

山手線に導入された新型車両。これまでとの違いは何? [ニュース]

11月30日に営業開始され、山手線を走っているはずだった新型車両「E235系」
yamanotesen_newtrain.jpg
(Wikipediaより)

営業初日にトラブルが発生してしまい、その後は調査のため運行が見合わせられています。

13年ぶりに山手線に導入された新型車両

従来の車両との違いは、一体何なのでしょうか。


スポンサードリンク








外観の違い


従来の電車は窓の下に横に黄緑色のラインが入っていましたが、

新型車両は縦に黄緑色のラインが入りました。

転落防止用のホームドアが駅に設置されるようになり、

窓の下にラインがあってはホームから見えなくなってしまったため、

配色が変更されたそうです。


車内の違い


従来の電車では、扉の上に配置されていた液晶ディスプレイ

これが新型車両では窓の上にも設置されました。

また、ベビーカーやスーツケースを持ち込んで乗車する人のため、

全車両の端にフリースペースが設置されました。

さらに座席のスペースも従来よりも若干広くなり、

乗客の快適さの向上が図られています。


目には見えない部分の違い


走行中の車両や線路に異常が発生した場合に、

それらを検知して即座に情報を送り対処できるように、

高速なネットワークシステムが採用されました。

これによって事故を未然に防ぐことができる可能性が高まり、

より安全性が増したそうです。

また、このネットワークは車内のディスプレイに情報を送るのにも利用され、

より効果的な動画を表示させるのにも役立つそうです。


ところが、今回トラブルが発生したのは、

この高速ネットワークを処理するシステムの部分だったそうです。

安全性の向上に役立つはずのシステムが原因で、

トラブルが発生してしまったとは何とも皮肉ですが、

大事故になる前に問題が発覚したことは、寧ろ良かったのかもしれません。

早く問題が解決して、今度こそ新型車両の機能を存分に発揮してもらいたいですね。



スポンサードリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。