So-net無料ブログ作成
食べ物 ブログトップ

カルビーのポテトチップス、地域限定商品はこんなにあった [食べ物]

最近はコンビニで地域限定商品が続々登場しているそうです。

そして、コンビニに行けば必ず置いてあるお菓子、カルビーのポテトチップス

カ~ルビィの~ぉ、ポテトチップス♪

この商品も、地域限定品を続々と投入している最中のよう。


今、ポテトチップスはどれだけの地域限定商品が出ているのでしょうか?

調べてみたら、こんなにありましたよ!

ポテトチップス 昆布しょうゆ北海道
ポテトチップス 北海道バターしょうゆ味北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島、新潟、長野
ポテトチップス 山わさびしょうゆ味北海道
ポテトチップス のり塩パンチ青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、新潟、長野、山梨、静岡
ポテトチップス 関東だししょうゆ茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、山梨、静岡
ポテトチップス 白しょうゆ岐阜、愛知、三重、静岡
ポテトチップス 関西だししょうゆ富山、石川、福井、滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山
ポテトチップス かき醤油味鳥取、島根、岡山、広島、山口、四国全県
ポテトチップス ゆずこしょう味九州全県、沖縄
ポテトチップス 博多めんたいこ味九州全県、沖縄
ポテトチップス のりしょうゆ味九州全県、沖縄
ポテトチップス わさび味鳥取、島根、岡山、広島、山口、四国全県、九州全県、沖縄
ポテトチップス 明太子バター味鳥取、島根、岡山、広島、山口、四国全県、九州全県、沖縄
ポテトチップス 瀬戸内レモン味鳥取、島根、岡山、広島、山口、四国全県
ポテトチップス 沖縄シークヮーサー味沖縄
ポテトチップス 宇都宮焼き餃子味栃木
ポテトチップス 香る桜えびのかき揚げ味静岡
ポテトチップス 飛騨みそ味岐阜
ポテトチップス 串かつソース味滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山
ポテトチップス みっちゃん広島お好み焼き味鳥取、島根、岡山、広島、山口、四国全県
ポテトチップスギザギザ(R) のりしお北海道
ポテトチップスギザギザ(R) 九州しょうゆ九州全県、沖縄
ポテトチップス厚切り うまくち醤油味富山、石川、福井


これは、2015年10月3日に調べた時点での数ですので、
これからもっと新商品が投入されるかもしれません!

軽い感じのおみやげなら、コンビニに入ればある程度事足りてしまいそうです。

大体の商品はある程度は都道府県をまたがって販売されていますが、
中には「沖縄シークヮーサー味」のように、単一の県でしか販売されていないものもありますので、
訪れた時には、地元の味の一つとして、口にしてみたいものです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

健康志向で減塩醤油が人気。減塩醤油の定義、普通の醤油との違い [食べ物]

和食にかかせない調味料、醤油

日本にやってきた外国人は飛行機を降りると醤油の匂いを感じる、ともいうほど、
日本人には慣れ親しんだ調味料です。
soysource.jpg
ところが、この醤油も市場は減少傾向にあるといいます。
現在の国内市場はピーク時の3分の2にまで減少しているのだとか。

そんな中、健康志向の高まりもあり、「減塩醤油」は売上を伸ばしているのだそうです。

ところで、減塩醤油の定義は何なのでしょうか。
何をベースにして減っているのか?
どれくらい塩分を減らせば、減塩と認められるのでしょうか?

調べてみると、以下のようでした。

まず、減塩醤油の定義ですが、
「普通の醤油と比べて、塩分が50%以下のもの」
だそうです。

じゃあ、普通の醤油って何?となりますよね。
通常、うすくちしょうゆは約18%の塩分が含まれているそうです。
こいくちしょうゆは約16%)

その半分以下ということで、塩分が9%以下の醤油を減塩醤油と呼ぶのだそうです。

当然のことですが、普通の醤油を水で半分に薄めても減塩醤油と呼べる代物にはなりません。

醤油のうま味や風味は極力残して、塩分だけが減らされています。

工程としては、一旦普通の醤油を作って、そこから塩分を取り除く処理がされているそうです。

だから、普通の醤油よりも少し値段が高くなるのですね。


これから寒くなると、汗をかく機会も減るので塩分の摂り過ぎには気をつけた方がいいでしょうね。

うま味成分は減っていないので、美味しさはそれほど変わらないはずです。
普通の醤油を使っている方は、減塩醤油を試してみてはいかがでしょうか。

タグ:減塩醤油
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ポッキー、リニューアル。プレッツェルを改良! [食べ物]

江崎グリコのお菓子、ポッキーが今年9月にリニューアルされるらしいですね!

主に、ポッキーのプレッツェルの部分が改善されるようです。
関係者の話によると、プレッツェルが味気ない、という意見があったようで、
プレッツェル部分にオイルコートが施されるそうです。
ポッキーの食感は維持したまま、口どけが向上するとのこと。

そうか、味気ないかー。
私としては、チョコレートの甘さと、プレッツェルのあっさり感がいい感じに調和していたような気がするのですが。
でも、お菓子のプロが研究して作った商品ですから、新しい美味しさを提供してくれるのでしょう。

ただ、プレッツェルにオイルがコーティングされるということで、
カロリーがちょっぴり気になりますね。

また、値段も少し上がり、150円ほどになる見込みとのこと。
カロリーが心配される分、値段を上げて食べ過ぎを控えさせる、という江崎グリコの親心…
そんなわけがないですね。

原材料費が上がっている昨今、値上げはやはりやむを得ないのでしょうか。
ポッキー、美味しいんですけど、コンビニでとなりに同じようなお菓子が100円で売っていたりすると、
思わずそちらを選んでしまう自分がいますよ。


しかし、ポッキーの知名度もすごいですよね。
日本で食べたことのない人、ほとんどいないと思います。
ポッキーが発売されたのは1966年ということなので、50年も食べられてきているんですね。
もう、一種の国民食と言ってもいいのではないでしょうか。

ホームページを見ると、現在定常的に販売されているのは18種類。
そのほかにも、限定商品が出ています。

ホームページの写真見てたら、食べたくなってきましたよ
こんな夜中なのに…。
シチリアレモンポッキー、美味しそう…。

とりあえず、9月にリニューアルポッキーが店頭に並んだら、まずは一箱買ってみるとします!

タグ:ポッキー
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
食べ物 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。