So-net無料ブログ作成
テニス ブログトップ

全米オープンテニス2015 ブノワ・ペール3回戦突破!次はツォンガ! [テニス]

全米テニス
アメリカ・ニューヨーク
男子シングルス

現地時間の9月4日、初戦で錦織圭に勝利したフランスのブノワ・ペールが、
3回戦で元世界ランク5位、スペインのトミー・ロブレドストレート勝ち

自身初の4大大会ベスト16へと進出しました!

世界ランク41位のペールは、現在世界ランク26位のロブレドに対して、
タイブレークの末に第1セットを取ると、第2セット、第3セットはともに6-1。

サービスエースを12本、ウィナーを52本と、ベテランを圧倒しました。


さあ、ベスト16の相手ですが、同じフランスのJW・ツォンガと当たります。

世界ランクは現在18位。過去には最高で5位につけています。

ツォンガは30歳で、全豪オープンでは準優勝の経験があります

188センチ、91キロのがっしりとした体格から打ち込まれるパワーのあるショットと、
アクロバティックなプレーが特徴的な選手とのこと。

明るい性格からファンから人気が高く、また、その風貌から「テニス界のモハメド・アリ」と
呼ばれているそうです。

元世界ランク1位のロジャー・フェデラーラファエル・ナダルノバク・ジョコビッチ
同2位のアンディー・マレーのいわゆる「BIG4」の全員に勝利したことのある超実力派ですが、
精神的に淡白なところがあり、接戦では隙を見せることもあるそうです。

錦織との激戦を制したペールとしては、この辺りが狙い目でしょうか。


果たして、ブノワ・ペールの快進撃は続いていくのでしょうか!?

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

全米オープンテニス2015 錦織圭を破ったブノワ・ペール、3回戦へ! [テニス]

全米オープンテニス
アメリカ・ニューヨーク
男子シングルス

現地時間9月2日、初戦で錦織圭を破ったフランスのブノワ・ペールが、
2回戦に勝利し、自身初の全米オープン3回戦進出を決めました


世界ランク41位のペールは、同84位のトルコのマルセル・イルハンと対戦。

第1セットを6-3と先取、第2セットは3-6で落としますが、
第3、第4セットを6ー4、6-3で連取して、トータル3-1で勝利しました。


錦織から大金星を挙げたペール、格下の相手だったとはいえ波に乗っていますね。

ペールは過去、全仏オープンとウインブルドンでは3回戦進出を果たしていますが、
全米オープンでは初の3回戦進出となります。


3回戦で当たるのは、スペインのトミー・ロブレド

ロブレドは33歳のベテランで、現在世界ランク26位。
過去には世界ランク5位につけたこともある、トッププレーヤーの1人です。

4大大会でも、全米オープンで1度、全豪オープンで1度、
全仏オープンでは5度、ベスト8入りを果たしています。

チャリティ活動にも積極的で、車いすテニスへの支援も行っているとのこと。


トップクラスのスポーツ選手は、チャリティ活動に参加している人が結構いますよね。


ともあれ、錦織撃破でにわかに注目度を挙げたペール、
勢いを駆って自身初の4大大会での3回戦突破はなるのでしょうか。

注目していきますよ!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

テニス全米オープン結果:西岡良仁が4大大会初勝利! [テニス]

9月2日、全米オープンで19歳の西岡良仁
フランスのポールアンリ・マチューを3-2で破り、
4大大会での初勝利を飾りました!

対戦相手のマチューは、33歳のベテランで、世界ランク80位。

左膝の手術後にブランクがあった影響で、ここ数年は結果を残していませんが、
2008年には最高で世界ランク12位につけた実力者。


西岡はマチューとは初対戦となりましたが、
臆することなく、見事な結果を残しました。


この試合で西岡は、第1セットを先取しますが、第2セットは取り返されます。

第3セットはタイブレークの末に落とし、マチューにリードを許しました。

しかし、第4セット、第5セットを連取し逆転、
自身初の4大大会の勝利を決めることになりました。


■試合結果
第1セット 西岡 6-4 マチュー
第2セット 西岡 2-6 マチュー
第3セット 西岡 6-7 マチュー (タイブレーク:7-9)
第4セット 西岡 6-1 マチュー
第5セット 西岡 6-2 マチュー



西岡良仁

1995年9月27日生まれ
三重県津市出身 青森山田高校卒業

171センチ、63キロ

左利き、バックハンドは両手打ち。

シングルス世界ランク128位。

2014年の全米オープンで4大大会本戦初出場。


西岡は2回戦で、ブラジルのトマシュ・ベルッシと当たります。


今大会は、錦織圭の初戦敗退が大きなショックとなりました。

その一方で未来のエースとなりうるホープが、新たな一歩を踏み出しています。

これからの活躍を見守っていきましょう!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

全米オープンテニスで錦織圭を破ったブノワ・ペールとは? [テニス]

錦織、残念ながら負けてしまいましたね…。

対戦前は過去2度の対戦でいずれも勝利し、ランクでも遥か上位の
錦織が圧倒的優位かと思われたのですが、テニスの恐ろしさです。

さて、世界ランク4位の錦織圭を破る大金星を挙げた、
ブノワ・ペールとはどのような選手なのでしょうか?



ブノワ・ペール

ブノワ・ペールは、フランスのプロテニスプレーヤー。

1989年5月8日生まれ 196センチ、80キロ。

右利き、バックハンドは両手打ち。

男子プロテニス協会の最高ランクは、
シングルスで24位、ダブルスで84位。

現在はシングルス41位。

4大大会においては、過去にシングルスで
全豪オープン、全仏オープン、全英オープンで3回戦進出の経験あり。
全米オープンは2回戦進出が最高。

長身からの角度あるサービスと、癖のあるバックハンドを武器とする。

http://www.thetennisdaily.jp/player_detail.asp?p_idx=10106から概略)


ペールはコートに入った時に、
「さあ、やるぞ。ケイを倒してやる」
と気合を入れて試合に臨んだようです。

そして、とにかく試合を楽しむことを心がけたといいます。

精神面で充実をしたペールは、冒険的、積極的に攻め、
錦織に自分のリズムを与えませんでした。

錦織もペールのプレーを高く評価し、
自分が100%の力を出せなかったのは、ペールがそれだけ良いプレーをしたから
とコメントを残しています。


錦織を応援していた我々からすると、残念な結果となりましたが、
こうなったらブノワ・ペールには、一気に上位進出を狙ってほしいですね。

そしてもちろん、錦織の再起にも期待です!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

全米オープンテニス2015結果速報 錦織圭まさかの初戦敗退… [テニス]

全米オープンテニス
アメリカ・ニューヨーク
男子シングルス

現地時間の8月31日、世界ランク4位の錦織圭が大会初日から登場。

フランスの世界ランク41位、ペアと対戦し、2-3と惜敗。
まさかの初戦敗退となりました

【第1セット】(錦織4-6ペア)
錦織のサーブでスタートした第1ゲームは、まずは錦織がキープ。
しかし、ここからペアが3ゲームを連取
錦織は苦しい立場になりますが、ここから互いのサービスゲームをキープし合い、
10ゲームが終わったところでペアが6-4とし、このセットを取ります。

【第2セット】(錦織6-4ペア)
第1ゲームは錦織のサーブから。
錦織は格下の相手に流れを奪えず、第5ゲームまで互いにキープ。
第6ゲームで錦織が遂にブレークを奪い、リード。
第7、9ゲームも錦織がキープし、第2セットを奪い返す。

【第3セット】(錦織6-4ペア)
第1ゲームはペアのサーブでスタート。
錦織が0-30とブレークのチャンスを掴むが、ペアに5ポイント連取される。
第2ゲーム、錦織がサービスゲームで取り返すと、第6ゲームまで両者譲らず。
第7ゲームに錦織がブレーク
第8、10ゲームをキープした錦織が第3セットも取り、2-1とリード。

【第4セット】(錦織6-7ペア)
ペアのサービスゲームからスタート。
互いにいっぽも譲らず、第12ゲームを終えて6-6。
タイブレークは、ペアのサーブで始まる。
錦織は一度は6-4としてリーチをかけるが、ペアがここから連取。
8-6でペアが粘り勝ち、第4セットはペアのものに。

【第5セット】(錦織4-6ペア)
第1ゲーム、錦織のサーブで始まりキープ。
第2、第3、第4ゲームもそれぞれ錦織、ペアがキープし、2-2。
第5ゲームで、ペアが最後をリターンエースで決め、ブレーク。錦織は窮地に。
第6ゲーム以降も錦織はブレークを奪えず、このセットをペアが6-4で取る。
錦織、まさかの1回戦敗退に。


過去、2戦2勝と優位に立っていたペアに対して、まさかの敗戦。
今大会での日本人初の四大大会優勝はなりませんでした。

期待が大きかっただけに、残念ですね…。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
テニス ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。